学んでいたから乗り超えられた

NE運命解析学を学び始めて、早6年

あっという間でもあり、自分の人生を振り返るといろんなことがありました。

【学ぶ前】

人に対して、自分のことを解ってほしい。認めてほしいと

承認欲求が強く、いつも不満を抱えてました。

「なんで~~してくれないの?」「私の何がいけないの?」

昔、ドラマでくれない族が流行りましたが、

まさにそれ。

しかし、その時は自分のことではないと思ってました 笑

今思うと、自分の意思、軸がないため、いつも不安、必要以上に心配して悲観的

挙句にくだらない妄想に浸り、悲劇のヒロイン(自己憐憫)

一番必要な「生きること」「自立すること」を

捉え違えていました。

 

事実は親の引いたレールの上を歩いているのに、

自分は自分のレールを歩いていると勘違いして

反発し、いきがって、全てを傍観していたのです。

根底には誰かが何かをしてくれる。。。

甘い考えしかなかったのに、気づくこともなく

人や環境のせいにしていたのです。

 

【学んでいくと】

人にばかり求めるのではなく、自分がまずは与えることで

循環していく。自分を知らずして自分軸や土台は構築できない。

そのことは、母親とのことにもつながり、いつも依存している親に対して

軽蔑していたけれど、実はそのまま自分も同じだったのです。

そこに気づいたとき「えーっ!!!」「嫌だ!変わりたい」

しかし、なかなか思うようにいかず、いっりきたりを繰り返してました。

 

【自分と向き合い、乗り越える】

そのタイミングは思いがけない場面で起こりました。

たまたまレントゲンで見つかった「多発性骨髄腫」

余命4か月宣言!「桜は見れないね~」

の後、背骨を圧迫骨折(6か所)入院、治療開始

死へのカウントダウンの中、このまま人生を諦めて終わるのだろうか?

何のために生まれてきて、本当の自分を知らずに死ぬのかな。

それは悲しすぎる。「変革者」としての本当の自分を経験して人生を終えたい。

はじめて、自分が生きることに向き合いました。

心の底では、生きたい!あきらめたくない!生きなおしたい!と思い

全てを受け入れようと思いました。

自分の身体は自分で治せるのだ!信じること。

すると、数値が正常になり、今もNE運命解析士として、活動させていただいてます。

私の理想ではありますが、本当に相手を思いやるということは

自分の感情や知識の押し付けではなく、その方の本質を見抜き、俯瞰し、

何が盲点なのかに気づいてもらうことなのではないかと思います。

そのような在り方をしたいと思います。

 

 

本当の自分を知る無料体験版ライトコンパスシート

自分(本質=種)を知ることで、自分を生きているのか(光)、他人を生きているのか(闇)の位置(光・闇)がわかります。
その方の伸ばしどころ、才能、課題、また、運の開花する方向性(6つの運のフィールドの1つが当てはまります)が分かり、起動修正できます。

そして、人生の課題を知り、乗り越える。
生まれてきた意味は、課題を乗り越えて、魂をレベルアップすること。

あなたの人生を深め、感情に振り回されることなく、自分を生きることができるようになります。
あなたの人生をより幸せに、後悔なく生きるために、どうぞご活用くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です