確執

私の人生の課題でもある「親との確執」特に母親との関係性。

生い立ちにも書いているように、物心ついた時から「母親」と感じたことがなく、

私の存在を疎ましく思い、感情のはけ口、オモイ通りにならないイライラ感をぶつける場所。

毎日のように叩かれ、怒鳴られ、外に出され、今思うとよく生きていたよね。の世界・・・

昔はしつけという名のもとに、ほとんどの子供がやられていたと思う。

学校でも指導という元に、先生も親が「厳しくしてください」と懇願するから、

容赦なく叩かれまくる。家に帰ってもそれ以上のお仕置きが待っている。

本当に心が休まらず、居場所がなく、

「なんで生まれてきたのだろう」といつも思っていた。

親の言う通り、小4から塾に通い、部活も親の言う通り。それなのに怒られ、痛い目にあう。

親から見れば、

[勉強ができない、成績が悪い、ご飯も食べない、朝も起きられない、いつも熱を出す、言うことを聞かない。

自分の重い通りにならない、自慢できない子供]

PTAの役員、昔、小学校の先生をしていたというプライドが許さないのだろう。

兄は成績優秀、スポーツも勉強もできて、自慢の息子。怒られたのを見たことがない。

親を尊敬し、好きになりましょう。

何ですか?それ? 愛情のない親を好きになれませんけど。。。

でも、好きになれない自分を責めてました。生んでくれた親に感謝できない人は不幸になる。。。と

誰かが言っていて、「不幸でいい!」と思っていた。

そのほうが気が楽だった。

高校は遠くて、朝6時半~夜は部活で9時くらいに帰る毎日。家に帰れば寝るだけが私にとっての唯一の幸せ。

高校も親が行けといった私学の女子高、お嬢様の学校で親の面目は保たれていたようだ。

部活はテニス部、ストレス発散にもよかったのだと思う。先輩も厳しかったけど、かわいがってもらったし

やっと自由な自分になれるのがうれしかった。

高校も部活をしに行ってたので、当然、成績が最下位。大学には行きたかったけど勉強する気がなく、

一浪したが、予備校でもやる気なしで、行くところがない。しかし、下宿したくて遠いところを受けたが全滅!

結局、センター試験を落ちた3次募集の女子大。自宅通… とほほ・・・なのであった。

自分が蒔いた種です。就職はしたくなかったので、大学生になれた嬉しさで、心はウキウキしてました。

親元は離れられなかったのですが、バイトというものがあると知り、夜10時までバイトをたくさんしました。

4年間で20種類以上したかも。。知らない世界、好奇心が騒ぎます!

親もバイトということで、文句は言わなかったのですが・・・

続く。

 

本当の自分を知る無料体験版ライトコンパスシート

自分(本質=種)を知ることで、自分を生きているのか(光)、他人を生きているのか(闇)の位置(光・闇)がわかります。
その方の伸ばしどころ、才能、課題、また、運の開花する方向性(6つの運のフィールドの1つが当てはまります)が分かり、起動修正できます。

そして、人生の課題を知り、乗り越える。
生まれてきた意味は、課題を乗り越えて、魂をレベルアップすること。

あなたの人生を深め、感情に振り回されることなく、自分を生きることができるようになります。
あなたの人生をより幸せに、後悔なく生きるために、どうぞご活用くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

覚悟

次の記事

生きる意味