どのように生きたか

先日、父親代わりだった父の兄が、94歳の生涯をとじました。

私が23歳の時、就職した年に父が他界。その後、何かと気にかけてくれ、

お盆・正月は家族で遊びに行ったり、親戚関係の取りまとめをすべてしてくれてた

みんなから慕われた叔父さんでした。

今年のお正月は会えず、お盆に会えると思ってましたが、

突然の訃報にただただ驚くばかりでした。

身内での葬儀でしたが、孫、ひ孫が20人もいて、大勢の方にお送られました。

みんな、悪く言う人はいなくて、人の世話ばかりしばかりていたようで、

趣味の仲間とマイペースに楽しんでいたそうです。

長生き、短命関わらず、その方が選んでいまれてきた運命プログラム。

大正、昭和、平成を駆け抜け、たくさんの喜び、悲しみを経験してきた人。

9人兄弟の真ん中で、自分の兄弟が先に亡くなり、全ての兄弟を見送り

最後の一人だと笑いながら、時折、さみしそうにお酒を飲む姿を思いだす。

きっとみんなから、よく頑張った!といわれているのではないかな?

私の父も酒好きだったから、お酒を酌み交わしてほしい。

叔父さんの思っていた人生がどんなものかはわからないが、

みんなに慕われ、心の優しい、愛される人でした。

苦労があったからこそ、悲しみが多かったからこそ、人にやさしくなれたのかもしれない。

 

私も最期は、愛と感謝の想いをもって、旅立ちたいな。

自分のすべてを受け入れ、課題を乗り越え、心から満足できた、

後悔なく生ききったと思いたい。

他の人は関係ない。自分がどのように生きたのか だけ。

今の積み重ね、日々を大事に生きよう。

快晴の澄み渡る空へと旅立った叔父さん、本当にありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

本当の自分を知る無料体験版ライトコンパスシート

自分(本質=種)を知ることで、自分を生きているのか(光)、他人を生きているのか(闇)の位置(光・闇)がわかります。
その方の伸ばしどころ、才能、課題、また、運の開花する方向性(6つの運のフィールドの1つが当てはまります)が分かり、起動修正できます。

そして、人生の課題を知り、乗り越える。
生まれてきた意味は、課題を乗り越えて、魂をレベルアップすること。

あなたの人生を深め、感情に振り回されることなく、自分を生きることができるようになります。
あなたの人生をより幸せに、後悔なく生きるために、どうぞご活用くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

気づかされた言葉

次の記事

丁寧に生きる